骨粗鬆症を予防して健康を維持|症状が出る前に医師に相談しよう

女性医師

難手術成功させる外科技術

頭を触る女性

脳の手術には出血や後遺症など多くの危険を伴うため、外科医にとっても難手術が多いものです。中でも脳動静脈奇形は患部が大きいほど手術の難易度が高まり、執刀する外科医の腕が問われます。優秀な外科医はガンマナイフやカテーテルによる塞栓術も併用し、大きい脳動静脈奇形でも手術を成功に導いています。

もっと読む

免疫力でがんの悪化を防止

病室

がん細胞は、マクロファージやヘルパーT細胞が派遣したNK細胞やキラーT細胞によって除去されます。そして免疫療法を受ければ、派遣や除去が一層しっかりとおこなわれるようになります。免疫療法は、通常は1週間に1回ずつ5〜6回おこなわれます。そして体の状態や治療費によって、継続するかどうかが決められます。

もっと読む

血便や腹痛が続くなら

腹痛の男性

血便や腹痛等は、潰瘍性大腸炎の代表的な症状です。もし、そんな症状が長く続く場合には、早めに病院で検査を受けておきましょう。潰瘍性大腸炎と診断された時にも、スムーズに的確な治療をしてもらうことができます。

もっと読む

骨と体の健康のために

関節

若い頃は丈夫な骨を維持できても、年齢を重ねると骨はスカスカになり弱くなっていきます。そのままの状態を放置すると骨粗鬆症になる可能性があるため、早めの対処と日頃の予防が大切になってきます。骨粗鬆症は年齢に関係無く発症するため、対策を行わないと骨が弱くなり体全体にも影響を与えます。骨粗鬆症になりやすい人は閉経を迎えた女性や高齢者ですが、これに関連する病気もあります。それは認知症であり、骨の異変が脳と体に影響を与えるという密接な関係が分かってきています。全国各地に骨粗鬆症を取り扱った専門内科が存在するため、専門知識のもとで治療と予防に取り組めるでしょう。治療は医療機関を受診して行うと良く、専門医の指導のもとで正しい治療が受けられます。

少し前までは骨粗鬆症にかかる人が多かったですが、現在は予防対策の効果もあり患者は減少しています。ただ女性に多くみられた骨粗鬆症ですが、近年は男性患者も増えており、国民病として注目されています。多くの人が骨粗鬆症の予防に取り組む理由は、健康な足腰で余生を快適に過ごすためです。高齢になると自由時間が増えるため、旅行や観光地巡り等、これまで出来なかったことをしたくなります。けれども体が丈夫ではないと行きたい所に出掛けられないため、骨を健康にする事は余生にも影響します。そして骨がスカスカになると、何気ない動作で転んでしまった時に骨折しやすくなるため、生活の質が落ちてしまう可能性があるのです。骨粗鬆症を予防するためには、まず自分の骨密度がどの程度なのかを把握しておくことが大切です。ある程度の年齡になったら、年に1回は骨密度検査を行ない、自分の骨密度の状態を確かめておく心がけが重要です。そして、医師に相談して、骨密度が上がるような食事療法や運動療法のアドバイスを受けるのが望ましいです。